◆ アルツハイマー病治療薬(Jmol版) ◆
参考情報トピックアセチルコリンエステラーゼのSITE比較
アルツハイマー病治療薬/アリセプト(Chime版)
※2014/06/06,本ページの不具合を修正しました(デザイン変更)。


アルツハイマー病治療薬(開発中・治験中のものも含む)および関連データ
初期表示はドネペジル(塩酸ドネペジルが商品名アリセプト)

バックボーン 二次構造
全選択 タンパク質選択 リガンド選択
(*印のみ) HB選択($印のみ)
Chain A選択 B C D
空間充填 球棒 球10% 球30% 球60% スティック(太) 針金 消去
アミノ色 Chain色 CPK色 ‖ Jmol色 Rasmol色 ‖ 濃赤 濃青  濃ピンク 
糖鎖別着色(#印のみ)GalGlcManFucXylSiaGalNAcGlcNAcGlcA
酸性・中性・塩基性区別 極性・非極性区別 疎水性インデックス順 I/O値順(特性基 R) 等電点順 コンホメーション選択性(αヘリックスβストランド
水素結合表示S-S結合表示   
背景・黒 灰 白 
●アルツハイマー病治療薬の例(開発中・治験中のものも含む)
  ※初期表示はドネペジル(塩酸ドネペジルが商品名アリセプト)

ドネペジル(donepezil,塩酸ドネペジルが商品名Aricept)
アポモルフィン(apomorphine〔パーキンソン病治療薬としては利用〕)
ガランタミン(galantamine〔日本では2011年承認〕)
トラミプロセート(tramiprosate〔治験中で和名は未確定〕,商品名Alzhemed)
R -フルルビプロフェン(R -flurbiprofen〔治験中〕,商品名Flurizan)
メマンチン(memantine〔日本では2011年承認〕,塩酸メマンチンが治療薬)
リバスチグミン(rivastigmine〔日本では2011年承認〕)
L-685458(γ-セクレターゼ阻害剤〔候補化合物〕)
LY450139(γ-セクレターゼ阻害剤〔候補化合物〕)
T-817MA(神経細胞死抑制作用〔治験中〕)
TRx0237(商品名 LMTX;タウタンパク質凝集阻害剤〔治験中〕)

●アルツハイマー発症抑制に関与すると考えられている分子例
ソマトスタチン(somatostatin)
薬理色素NK-4(キノリン骨格3核シアニン系色素;2つのI-1は略) ※記事

●アルツハイマー発症に関与すると考えられている分子例
L-ホモシステイン酸(L-homocysteic acid)

●アルツハイマー病関連PDBデータ例(アミロイドβタンパク質,タウタンパク質など)
1dmt〔βアミロイド分解酵素ネプリライシン〕
1eve〔アセチルコリンエステラーゼに結合した塩酸ドネペジル〕 同SITE部分
1fkn〔阻害剤OM99-2が結合したβ-セクレターゼ〕
1gqr〔リバスチグミンの脱離基を含むアセチルコリンエステラーゼ〕 同SITE部分
1m4hのChain A・C〔阻害剤OM00-3(Chain C)が結合したβ-セクレターゼ〕
1owtのModel 1〔アミロイド前駆体タンパク質〕
1r1h〔βアミロイド分解酵素ネプリライシン〕
2begのModel 1〔アルツハイマー病のアミロイドβ繊維〕 同Chain A
2m5nのModel 1〔トランスサイレチン;クロスβ構造アミロイド〕
2nntのModel 1〔ハンチントン病のアミロイド原繊維〕
2yoqのChain A〔FAM3B;Nature Communications記事中の“FAM3 superfamily member ILEI”に関係する参考データとして〕
2zhrのChain A・C*〔阻害剤OM99-2が結合したβ-セクレターゼ(pH 5.0)〕
2zht*〔β-セクレターゼ(pH 4.5)〕
4fl5のChain A・P〔14-3-3σタンパク質とタウタンパク質;P鎖がタウ(synthetic construct)〕 [NEW!] P鎖選択 [Tau protein - Wikipedia14-3-3 protein - Wikipedia



アミノ酸および特性基の親水性・疎水性Log Pをポケットに!



「生活環境化学の部屋」ホームページJmol版「分子の学習帳」Chime版「分子の学習帳」